FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60日目 11月7日(月) 三重県名張市~滋賀県竜王町 二条城

ホテルで連泊したお陰で体力も天候も回復し、いざ出発!
この日はまず京都に向かう。

京都といえば・・・
PB070049_R.jpg
天一っしょ!

ただし有名な総本店ではない。
どこの店舗か忘れたけど昼時に道中にあったので入る。

008_R.jpg
こってりとライス。最高!

余談であるが早稲田に住んでいた頃、天下一品にはしょっちゅう食べに行っていた。
特に飲み会の後に締めに食べるこってりは最高だった。
自分の体重増加に一役買ってくれたことは言うまでもない。

さて、目的地の二条城に行く前に東寺へ。
東寺は真言宗寺院の総本山であり、四国でお遍路さんをした自分としては、ぜひとも寄りたい場所であった。

PB070051_R.jpg
食堂(じきどう)
食堂の内部は無料で拝観できる。

PB070056_R.jpg
国宝の御影堂(大師堂)
かつて弘法大師様が住房としていた。

PB070057_R.jpg
同じく国宝・金堂
中に入るのはお金がかかるのでまたの機会に。

PB070058_R.jpg
講堂

PB070059_R.jpg
五重塔
国宝であり、東寺のシンボル。
高さは54.8メートルもあり、日本の木造塔では一番高いらしい。

PB070061_R.jpg
抹茶ソフト。こちらも五重。

そして今回の京都での目的地である二条城へ向かう。

二条城は徳川家康が上洛時の宿所とするために築城し、1603年に落成。
同年に家康は伏見城において征夷大将軍に任ぜられ、二条城にて祝賀の儀を執り行った。
1611年には加藤清正の仲介により、家康と豊臣秀頼の会見の場所となる。
しかし1634年の家光入城以来、二条城はしばらく歴史の表舞台から姿を消すことになる。
そして二条城が再び光を浴びるのは、幕末の大政奉還時であった。
二条城は江戸幕府の始まりと終焉の場所なのである。

さて、自分が二条城に来るのは2010年3月以来二回目である。

中学の修学旅行の時、うちの班は行かなかったが、自由行動で多くの班が二条城に行っていたことを思い出す。
ちなみにうちの班は安倍晴明神社・地主神社・平安神宮とかだった気がする。うーん、マイナー路線。

この日も修学旅行生や外国人観光客がたくさんいた。

PB070063_R.jpg
東大手門

PB070065_R.jpg
唐門

PB070066_R.jpg
二の丸御殿(国宝)
内部は撮影禁止。
大政奉還の行われた場所や、キュッキュッキュと鳴る鴬張りの廊下など、見所たくさん。

062.jpg

PB070071_R.jpg
二の丸庭園?

PB070073_R.jpg
広いお堀

PB070076_R.jpg
天守台

創建時には5重の望楼型天守があったとのこと。
その後その天守は家光の時に淀城に移築され、新たに伏見城の天守が移築された。
5重5階の層塔型天守であったが、1750年に落雷により焼失し、今は天守台のみが残る。

PB070077_R.jpg
天守台からの眺め

PB070084_R.jpg
修理のための寄付を受付中とのこと。

二条城を後にし、滋賀県に入る。
暗くなってきたので宿さがし。

009_R.jpg

野洲の近くの竜王町で良さ気な道の駅を発見。
しかし、温泉を探す内に結局大津まで逆戻り。
渋滞にハマる上に、琵琶湖大橋を二往復するという無駄なことをしてしまったが、再びこの道の駅に戻りテントを張らせていただき就寝。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

satto

Author:satto
長野県上田市出身、在住。

2011年9月~11月にSUZUKIアドレスV125で日本100名城を巡りつつ沖縄を除く46都道府県を通り日本一周達成。

2013年3月2日、日本100名城スタンプラリーを制覇。
日本城郭検定準1級取得。

サザンオールスターズ、水曜どうでしょう、阪神タイガース、日本史(戦国時代、幕末)が好き。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ(古い順に読めます)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ(古い順に読めます)
にほんブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。