FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23日目 9月29日(木) 鳥取県鳥取市~島根県松江市 鳥取城・月山富田城

漫画喫茶で6時頃起床。
ジャスコの隣のマックで朝飯を食べつつブログを書いてから9時に鳥取城へ。

鳥取城は秀吉の毛利攻めの際に兵糧攻めされ(いわゆる「鳥取城渇え殺し」)、餓死者が続出し人肉を食うものまで現れたため、城主の吉川経家が自らの命と引き替えに城兵の助命を秀吉に約束させ自刃し、開城した城である。


吉川経家像

経家が自刃する前に自らの子供たちに送った遺書がある。

とっとりの事、昼夜二百日こらえ候。
兵糧ニつきはて候まま、我ら一人御用にたち、
おのおのをたすけ申一門の名をあげ候、
そのしあわせ物語、
御きであるべき候。 かしこ

天正九年 十月二十日
あちやこ まいる 
かめしゆ、申給え かめ五、とく六、




「吉川経家 鳥取の乾きを潤した武士の血」
    その時歴史が動いた
                      終
                     NHK



番組は終わるがブログは終わらない。
鳥取城は江戸時代には池田氏が入り鳥取藩の中心となった。そのためか県庁のすぐ近くにある。
今は石垣が残るのみである。

P9291569_R.jpg

072.jpg

次に鳥取県に来たからには寄らない訳にはいかない場所へ行く。

P9291603_R.jpg

そう、鳥取砂丘である。
日本にこんな場所があったのかとびっくりしてしまった。
天気もよく最高の景色であった。
砂の上は歩きにくいし斜面は登りにくく、中東やアフリカの砂漠で生きるのは本当に大変なことなんだろうと思った。
ラクダもいてオアシスもあり、なかなか砂漠感が出ていて良かった。
梨ソフトクリームもおいしかった。

砂丘を見終えて島根方面へ向かう。
途中昼飯を食べるために道の駅へ。
バイキングがありしこたま食べた。
どうやら名探偵コナンの作者・青山剛昌の出身地であったらしい。


バーロー像

それからの道中では歴代名探偵コナンOP・EDを歌いながら走った。
ちなみに個人的OPランキングは

1位 Mysterious Eyes/GARNET CROW
2位 胸がドキドキ/THE HIGH-LOWS
3位 謎/小松未歩
次点 ギリギリchop/B'z

途中から見てないんで選曲が古いのはご勘弁願いたい。ちなみにB'zの「衝動」もコナン主題歌だったのを初めて知った。

EDランキングは

1位 君がいない夏/DEEN
2位 STEP BY STEP/ZIGGY
3位 夏の幻/GARNET CROW

GIZA・Beingバンザイ\(^o^)/

さて島根県に入り、月山富田城へ向かう途中に雨が降ってきた。
かっぱを着て走り、城についた頃には雨はやんでいた。

博物館でスタンプをもらい、城跡が山の上にあることを聞きこの日の松江城のスタンプは諦めることに。
城跡へいくためにちょっとした登山。雨を警戒しかっぱを着て登ったが、これがサウナスーツの如く暑かった。

P9291643_R.jpg

P9291630_R.jpg
本丸には現在神社がある。

074.jpg

月山富田城は山陰の雄・尼子氏の本拠地であり、尼子氏が滅ぼされてからは毛利氏の城となり、江戸時代には堀江氏が入るが堀江氏が松江城に移ったことにより廃城となった。

尼子氏といえば、家臣の山中鹿之助が有名である。
鹿之助は仕えていた尼子氏が毛利氏に滅ぼされた後も、尼子氏の再興を何度も試みて遺臣団を率いて戦った義の武将である。捕まった際に「かわやへ行きたい」といい糞まみれになりながら逃亡したり、信長の捨て駒になりながらもとにかく主家・尼子氏の再興に燃やした執念は凄まじかった。
尼子氏の再興のために「願わくは、我に七難八苦を与えたまえ」と三日月に祈ったというエピソードは有名である。
しかしあまりにも再興の執念が強かったため、それを恐れた吉川元春によって殺害せしめられた。享年34歳。

再び雨が降り始め、またかっぱを着て松江に向かった。
松江市街に入る前あたりからものすごい渋滞にあう。原付の強みを活かしてすり抜けまくった。
松江に限った話ではないが、やはり城下町であった都市は道が狭くていけない。

翌日の昼まで雨の予報だったためこの日はホテルに泊まることに。
宍道湖のほとりの安いホテルをとった。
どうやら松江城も歩いていける距離にあり、ライトアップしてるみたいだったので行ってみることに。

P9291648_R.jpg
途中竹島資料館の前を通る。そういえば竹島は島根県だったな。韓国はさっさと竹島から出てけよ。

P9291650_R.jpg
松平直政像。

松平直政は初代松代藩藩主であり、大坂の冬の陣の際にわずか14歳ながら真田丸にて奮戦し、真田幸村が敵ながら勇気を讃え扇を投げ与えたという逸話が残っている人である。

さて、松江城であるがこれがなかなか見事な城であった。
今回の旅で訪れた城の中で1番見事な天守閣である。

P9291657_R.jpg
ライトアップがすばらしい。

スーパードライを飲みながら城の周りをうろうろ。夜の城もいいですなあ。
その後ホテルに戻り前日の睡眠が少なかったこともありすぐに就寝。久しぶりのベッドは最高であった。

おまけ

城だと思ったらお菓子屋でした。紛らわしい!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

satto

Author:satto
長野県上田市出身、在住。

2011年9月~11月にSUZUKIアドレスV125で日本100名城を巡りつつ沖縄を除く46都道府県を通り日本一周達成。

2013年3月2日、日本100名城スタンプラリーを制覇。
日本城郭検定準1級取得。

サザンオールスターズ、水曜どうでしょう、阪神タイガース、日本史(戦国時代、幕末)が好き。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ(古い順に読めます)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ(古い順に読めます)
にほんブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。