スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22日目 9月28日(水) 福井県小浜市~鳥取県鳥取市 竹田城

起きてから結露したテントを乾かしつつ、昨日入浴セットを忘れた敦賀の温泉に電話をかけてみた。
どうやら脱衣所に忘れてあったらしい。
取りに戻ると往復2時間はロスするが、入浴セットの中にはジレットのひげ剃りの替刃が3つ入ってたのを思い出し取りに戻ることに。メリットとかビオレだけだったら諦めてたかも。

昨日来た道を戻り無事入浴セットを受け取る。
敦賀から小浜に戻るルートは別の道を選んだ。行きにきた道より少し時間がかかるであろうが、三方五湖や海を見ながら走るルートだ。朝の海岸線はなかなか走っていて気分がいい。



小浜に戻り、今度こそ京都方面に向かう。
京都の北に来るのは初めてであり、せっかくなので日本三景の一つ、天橋立に寄ることにした。

天橋立に到着し、バイクを停められそうな場所を探す。観光地で一番めんどくさいのがこの駐輪場探しである。バイク専用の駐輪場というのはほとんど存在しないのだ。
結局天橋立駅の駐輪場に置かせてもらい、いざ天橋立へ。

P9281463_R.jpg

天橋立の入り口でこんな看板と標識を見つける。

!?

俺のアドレスV(125cc)なら通行できるではないか!
原付二種が恩恵を受けられるのはしまなみ海道だけだと思っていたが、こんなところでも受けられるとは。
早速バイクを取りに戻り、今度はバイクで天橋立へ。
どうやらレンタルサイクルで渡るのが主流らしい。

P9281475_R.jpg

さて、天橋立を端から端まで走ってみたが、いまいち日本三景と評されるに値するほどの感動は得られなかった。
やはりあれをするしかないか・・・
ということで股のぞきをするためにリフトで山の上の傘松公園へ。

P9281482_R.jpg

おお、これは見事。
早速股の下から覗いてみる。

P9281483_R.jpg

なるほど、確かに天に架かる橋に見えないこともない。
こりゃ日本三景になるのも納得である。
これから天橋立を訪れる人はぜひ渡るだけでなく、傘松公園に行って股のぞきをしてみて欲しい。

京都府にある日本100名城に登録されている城は二条城であるが、ここはすでに去年訪れてスタンプももらってあるため、金沢城同様スキップすることにする。
というわけで兵庫県朝来市にある竹田城を目指す。

途中、京都といえば王将だろうと思い、東京はもちろん今や上田でも味わえる店に寄ってしまった。
しかし美味かったのでよし。

明智光秀が築城し、天守が復元されている福知山城も寄りたかったが、時間がなかったため泣く泣くスルー。
さて竹田城のスタンプが置いてある竹田駅に着いたのは16時半であった。

スタンプをもらい城への道を聞きいざ竹田城へ。
バイクである程度山を登り、そこからさらに徒歩で15分ほど登った。

P9281536_R.jpg

山の上に突如現れた巨大な石垣群に圧倒された。
竹田城は築城に関しては不明な点が多いが、おそらく但馬国守護・山名宗全によって築城された。安土桃山時代には豊臣秀吉の弟である羽柴秀長が城代となり、その後赤松広秀が城主となり城の完成を見るが、関ヶ原の戦いのあと広秀は家康の命により切腹し、竹田城は廃城となった。

P9281542_R.jpg

日本のマチュピチュ、天空の城(!?)とも呼ばれ、これから冬にかけて朝には雲海に覆われ大変神秘的な風景になることもあるという。

065.jpg

かなり感動し3,40分近くウロウロしていた。
日がくれてきたため泣く泣く下山したが、ここにはいつか再び足を運びたい。できれば雲海を見られるときがいい。

さて駐車場に戻ると、地図を入れて使っているクリアファイルにこのようなものが挟んであった。



なんとも嬉しい手紙であり、かなり元気をもらった。
本当に世の中には粋で優しい人がいる、ということを実感する旅である。
この旅で益々日本のことが好きになっている自分がいる。
この手紙に返事を書けないことがなにより口惜しい。この兵教大院生さんが幸せになりますように。
佐世保にも寄ることがせめてものお返しになろうか。
この手紙はお守りの中に入れておいた。

竹田城を降りた頃にはもうすっかり夜になっていた。
先ほどの手紙に元気をもらったこともあり、いっきに移動することに。

途中湯村温泉という大変風情のある温泉街を通り、ここで入浴しようと思ったが日帰り湯は時間が終わっていた。


湯村温泉

なので今日の目的地であった鳥取に着いてから温泉を探した。
そして日乃出温泉という銭湯のような作りの温泉に入った。ここも違った風情があって良かった。

現在鳥取市内の漫画喫茶にてこのブログを書いている。
明日は鳥取城と鳥取砂丘に行き、島根に行く予定である。
生まれて初めての鳥取・島根にワクワクしつつ寝ることにする。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

satto

Author:satto
長野県上田市出身、在住。

2011年9月~11月にSUZUKIアドレスV125で日本100名城を巡りつつ沖縄を除く46都道府県を通り日本一周達成。

2013年3月2日、日本100名城スタンプラリーを制覇。
日本城郭検定準1級取得。

サザンオールスターズ、水曜どうでしょう、阪神タイガース、日本史(戦国時代、幕末)が好き。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ(古い順に読めます)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ(古い順に読めます)
にほんブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。