FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8日目 9月13日(火) 宮城県仙台市~宮城県気仙沼市 多賀城

この日は宣言通りに寝坊。
起きた時間は9時半だった。
朝食が9時半、大浴場がそれぞれ9時までだったため両方とも逃すが、それよりも長い睡眠をとれたことに満足し、シャワーを浴び10時半くらいに出発。

さてTwitterではすでに書いたが、ホテルを出た直後警察のお世話になった。
というのは三車線くらいある道路で始めは一番左の車線にいたのだが、なんとなくこの道路を戻れば行きたい道路に出られるのでは?と思い、一番右の車線に移り、何気なくUターンしたのだが、その時が赤信号だったため、信号無視で御用となった。
冷静になってみればなんであんなことしたんだろう思う。
特に急いでたわけではないし、結果的にUターンしなくとも、左折すれば行きたい道路には出られたのに。
昨日和子や理歌子に「運転なんて慣れだよ」とか偉そうに言ったのにこのザマである。ざまあwwwm9(^Д^)

(´・ω・`)

調書をとってくれた婦警さんが超綺麗だった。
肌が真っ白で、整った顔立ちをしたTHE 東北美人といった感じで、ベテランっぽい警察官にいろいろ指導されながら書いていたので新米さんだろうか。おそらく自分より年下であろう。
この人とは別の形で出会いたかったものである。

罰金7000円と2点減点というペナルティをいただく。
まあサークルの先輩で80,000円の罰金を払った人がいるので可愛いもんだろう。
それに事故に合う前に交通ルールについて改めて考えるいい機会となった。
あと4点減点でこの旅は強制終了となる。
安全運転を心がけたい。


三ヶ月間無違反だと点数は回復するらしい。なんとか回復を目指したい。

この事件によりだいぶテンションが下がったが、なんとか多賀城へ。
戦国時代の城ではなく、8世紀くらいのものだし、なんか城というよりは政庁跡とかなのであまりテンションが上がらず。
足早に見学し、早々にスタンプをもらいに。
スタンプは近くの国府多賀城駅に置いてあった。
P9130706_R.jpg

016.jpg

その後は海の方へ向かった。
被災地の様子を見るためである。
塩釜ではあまり海沿いを走れなかったためそこまでじっくり見られなかったが、道路が荒れていたり信号機が曲がっていたりと津波の被害が見受けられた。

海沿いの国道45号線を北上して行って、途中で日本三景の一つである松島に立ち寄る。
この町は町民が迅速に観光客を避難させたのとその特殊な地形のために津波の被害が特に小さかった地域である。
震災から半年たった今では観光地としての賑わいをしっかり取り戻していた。
ここには小さい頃に家族できたことがあったので特に観光はせず、昼食をとった。
ネギトロ丼と牡蠣バーガーなるものを食べた。
前者は美味しかったがネギトロの量があまり多くなかった。しかしデザートとしてずんだ餅がついていたので僕は機嫌を良くした。
後者も美味しかったのだが、あまり牡蠣の要素がわからなかった。言ってしまえばグラコロバーガーだ。

P9130722_R.jpg
松島や あゝ松島や 松島や


ネギトロ丼(ずんだ餅つき)

松島を出て石巻へ。
ここは津波の被害がよくわかる場所であった。
写真の場所はすべて海からある程度離れた場所である。こんなところまで津波が押し寄せた事実に驚愕した。
しかし復興作業も進んでおり、他県ナンバーの建設業者の車もたくさん見かけた。
P9130725_R.jpg

P9130739_R.jpg

P9130734_R.jpg


この写真の時計はこの時間でずっと止まってしまっている。
だが少しづつではあるが、あの時から止まった時間は動き出している。どんなに時間がかかっても被災地には蘇って欲しい。
P9130730_R.jpg

P9130728_R.jpg

途中から国道45線が通行止めとなっており、迂回して再び45号へ戻り南三陸町へ。
迂回した時に通った道沿いに追分温泉というところがあったのだが、そこは避難所になっていた。
さて、南三陸町であるがここは特に衝撃的であった。
一面瓦礫の山で、骨組みだけが残っている建物もたくさんあった。
P9130786_R.jpg

P9130785_R.jpg

有名な車が乗ってしまったビル。
P9130791_R.jpg

この場所で一番目を引いたのは志津川病院であった。
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1071/20110607_01.htm
この記事によると、ここでは入院患者107人の内、72人が死亡・行方不明、さらに看護師が3人波に流されたとのことである。
P9130769_R.jpg

建物の四階の窓も割れてしまっている。
この高さまで波が来たことは信じられなかった。おそらくこの病院にいた人たちも同じ事を思ったであろう。本当に今回の津波は想定外だったのであある。
P9130763_R.jpg

中に入るとたくさんの線香とお供え物があった。
お供え物にはたくさんのおもちゃも置いてあり、幼い犠牲者もいたのであろう。
なんともやりきれない気持ちで手を合わせた。
P9130777_R.jpg

道をしばらく行くとセブンイレブンの仮設店舗があった。
ほとんどのものが流されてしまったこの一帯ではかなり明るい建物であった。
ここで線香とライター、ビールとチョコレートを買い志津川病院に再び戻った。
P9130794_R.jpg

骨組みだけになりながらも営業をしているガソリンスタンド。
ここにも確かに復興の兆しは見えてきている。
P9130770_R.jpg

さらに北上し気仙沼へ。
途中暗くてあまりわからなかったが、荒れた道路や積み上げられた瓦礫などがたくさん見受けられた。
「津波浸水想定区域 ここまで」と書かれた標識のむこうにも荒れた風景が広がっていた。
結局非常事態には「想定」など何の役にも立たないのだ。

気仙沼の道路を走っていると、津波の被害を受けている場所と受けていない場所が頻繁に切り替わる。
例えば市役所の角を曲がるまでは普通なのに、角を曲がると風景が一変する。
気仙沼では友人のご家族が犠牲になられた。
謹んで哀悼の意を表したい。

夜も遅かったので気仙沼でテントを張れそうな場所を探したが、候補の場所はすべて仮設住宅が建っていたり、避難所になっていたりしていたため、時間がかかった。
手頃な空き地を見つけることができ、疲れていたのでブログも書かずにテントを張ってすぐに就寝した。
その気仙沼出身の友人に「気仙沼以外の魚は食べられない」とまで言わしめた気仙沼の魚介類を食べられなかったのが心残りであるが、いつか必ず食べに再び訪れたい。




いつもブログのコメントやTwitter、mixiのボイスへの返信ありがとうございます!
なかなかコメントをお返しできていませんが、いつも楽しく読ませていただいております!
遅くなってしまうかもしれませんが、できるだけ返信したいと思っていますので、これからもよろしかったらコメントよろしくお願いします!(`・ω・´)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

いやー・・・胸が痛くなるね。
その時は取り戻せない。
こうやって写真を通してみるとより津波の恐ろしさだとかが伝わってくる。
さっとーもつらくなったでしょ。


ずんだもちが出てきたのには救われたw
ちなみに俺はあと1点しか猶予がない!

さとしー!!
気仙沼も行ってくれたのね(o^^o)ありがと!!
あんな感じになっちゃったけど、すごいいい街なのだよー(o´_`o)!!復興したら、ぜひさとしにも、気仙沼の魚以外食べれなくなるよーなとこ紹介するわ(`_´)ゞ!!

そろそろ

疲れも溜まってきたでしょう?ホテルに泊まって休養をとったのはナイス判断だったと思うよb゛あたしも一の関におじちゃんがいて8月頭に行ったよ、気仙沼。関君の急に町の景色が変わるっていう表現、まさにあたしも感じた感想。思ったより復興が進んでなくて、やっぱりボランティアが足りないんだなあと思ったね。ずんだもちと魚をトラックいっぱい支援したいね!婦警はやはり佐々木のぞみ的な東北美人??

Re: No title

直也君

いつもコメントありがとね!
テレビやインターネットで被災地の様子は何度も見てたけど、いざ現地に行くとやっぱりこれは現実に起こったことだったんだと実感したよ。
南三陸町の惨状を見たときは体中の力が抜けた。

ここには書いてないけど、途中の道の駅でずんだソフトクリーム食べたよ。どんだけ好きなんだ自分。
こういう立直はうれしくないねw

Re: タイトルなし

みほ

暗くなってから行ったのであまり良く見られなかったのが残念!
でもすごくいい街だっていうのは伝わったよ!
うん、最高の魚を楽しみにしてる!
次行く時には気仙沼が復興してることを願ってます。

Re: そろそろ

> 疲れも溜まってきたでしょう?ホテルに泊まって休養をとったのはナイス判断だったと思うよb゛あたしも一の関におじちゃんがいて8月頭に行ったよ、気仙沼。関君の急に町の景色が変わるっていう表現、まさにあたしも感じた感想。思ったより復興が進んでなくて、やっぱりボランティアが足りないんだなあと思ったね。ずんだもちと魚をトラックいっぱい支援したいね!婦警はやはり佐々木のぞみ的な東北美人??

りえこ

いつもコメントありがとう!
ほとんど体動かしてないのに毎日ぐっすり眠れるのはやっぱり運転って疲れるからなんだろうねー
一関におじいちゃんいるんだ!中尊寺近いね!
本当ならこの時間をボランティアに当てるべきなんだろうな、と思いながらうしろ髪ひかれる思いで被災地を去りました。
ずんだ餅は避難所でもきっと大人気になるでしょう。
婦警さんは佐々木希って感じではないんだよなあ。
似てる芸能人は浮かばないけど、童顔な美人って感じ!
プロフィール

satto

Author:satto
長野県上田市出身、在住。

2011年9月~11月にSUZUKIアドレスV125で日本100名城を巡りつつ沖縄を除く46都道府県を通り日本一周達成。

2013年3月2日、日本100名城スタンプラリーを制覇。
日本城郭検定準1級取得。

サザンオールスターズ、水曜どうでしょう、阪神タイガース、日本史(戦国時代、幕末)が好き。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ(古い順に読めます)
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ(古い順に読めます)
にほんブログ村
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。